教員ママの!勝手に!滑川町改造計画

教員ママの!勝手に!滑川町改造計画

教員ママの野望と活動と子育ての記録。滑川町のためにできること…?

地域に秘められた『子育てする力』

子どもの居場所とは?

最近の子どもたちには、居場所が少ないといわれている。
では、居場所とは何であるか?
子どもの居場所には、物理的な居場所と、
心の居場所(心の拠り所)がある。
具体的には、家庭としての居場所や
同学年の児童と関わりがある居場所(学級)、
異学年と関わりがある居場所(クラブや部活動)、
異世代との関わりがある居場所(地域)など…。
しかし、いずれかの居場所を欠くこともある。
「居場所がない」場合は心の居場所を指すことが多い。
学校に居場所がないと思う子どもはどうすれば良いのか。
家庭にこもるしかないのか…。
家庭にも居場所がないと感じる子どもはどうするのか。
不登校になった児童・生徒の中には
「学校に行けない、自分はダメ人間なんだ」と
自分を責めることもある。
地域の中に居場所があれば、救われる子どもも
いるかもしれない。相談できるかもしれない。
教員や親や友達とは、違う目線で、
そのままの自分を受け入れてくれるかもしれない。
地域の子育てする力を活かしたい。

地域に居場所をつくるメリット

地域コミュニティの居場所における子どもたちの
メリットについて、『児童心理2017年9月号/地域
コミュニティの活性化/日本大学教授 佐藤晴雄』より
引用したい。

①地域の高齢者や青年など異世代との多様な交流に
 よって自己確認がなされる。
②したがって、同世代とは異なる姿勢や価値観で
 自己が受容されることになる。
③そして、他の学校の児童生徒との交流によって
 人間関係の横のつながりを広げることができ、
 自己確認を確たるものとする。
④学校の教育課程等では体験したり学んだりすることが
 困難な活動にチャレンジでき、自己確認や
 自己効力感が得られる。
・異世代の者にとっては、そうした子どもとの関りを
通して自己実現ややりがいという報酬を得ることが
できる。特に、既存の居場所に順応できなかった
「自分の居場所がない子ども」でも地域コミュニティに
おいては新たな居場所を見出す可能性が与えられる。
              (引用ここまで)

教員ママの野望

以上を踏まえてH30年度現在、私が考えている野望は
NPO滑川町子育て隊(仮)なるものをつくり
地域で子どもを支えていきたい。
考えているNPO事業として、

滑川町だれでも学童
 宮前小でも福田小でも月の輪小でもだれでもOKで
 幼稚園児の放課後も預けられる学童が欲しい!
 (学校から学童までは送迎をする必要がある。)

・だれでも居場所
 土曜日に学童の教室を開放して、誰でも遊べる
 場所をつくりたい。
 子ども食堂(ランチ)や、子どものイベントにも
 挑戦したい。

・放課後“無料”学習支援室
 だれでも自習できる場をつくりたい。
 宿題のサポートや受験の相談にのったり
 無料で勉強できる場をつくりたい。

また、こんな野望を少しでも実現できるように
賛同してくれる人、一緒に協力してくれる人、
建設的な意見をくれる人も募集したい。

 

もしよかったら、こちらもどうぞ

namegawa-kosodate.hatenablog.com

namegawa-kosodate.hatenablog.com