教員ママの!勝手に!滑川町改造計画

教員ママの!勝手に!滑川町改造計画

教員ママの野望と活動と子育ての記録。滑川町のためにできること…?

私が胎児のエコー写真を『教材』として使う理由

教員の教えるレール『学習指導要領』

教員には、学習指導要領というものが存在する。
幼稚園・小・中学校・高校と、
その年齢で学ぶべきことが載っており、
時代に合わせて変更されることも多いが
基本的には同じような内容が続く。
(小学校の英語必修は大きな変更点である!!)

教科書はその学習指導要領で学ぶべき内容が
身に付くように作られている。
学習指導要領に従って、教科書通りに教えていれば、
全国どこの小学校でも同じような事柄が学べる。

教員はその学習指導要領というレールに沿って教える。
各先生方の授業の特色…“色”というか“味”というか…は
レールの上に乗せていくイメージであると考えている。

先日の校内研修では、授業力を向上させるため(?)、
先生方の色々な考えや知識を学びあうため、
各先生が授業で大事にしていることや
授業の作り方などをグループワークで話し合った。

その際、埼玉県教育委員会のある先生に言われたことが
「最近の先生方は授業が上手いけど、味がない」とのこと。
これはその先生の意見ではあるが、私も思わず同意した。
同じ内容を同じように教えていくわけだから、
誰が教えても変わらないのではないかと思っていた。
特に、産休・育休を経て戻ってきたが
その間、代わりの先生は必ずいるし、私でなくても良い。
教員にはいくらでも変わりがいると思った。

生殖~自分というヒトが選ばれる確率~

私は、高校の生物を主に教えているが、
生物では『生殖と発生』という分野が出てくる。
生殖の単元では、『遺伝』の話をする前に、
減数分裂(染色体が半分になる分裂)を経て
配偶子(精子・卵)が作られることを生徒たちは学ぶ。

例えば、ヒトの細胞の核に入っている46本の染色体のうち、
減数分裂を経て、その半分23本の染色体が
性別によって精子、もしくは卵に入ることになる。

ことのき、染色体の本数が半分になるためには、
母・父からもらった相同染色体(大きさ・形が同じ)のうち
どちらか一方を自然に選択してるということになる。
(全ての染色体46本中、2本ずつ相同染色体となり、
23組の相同染色体があるということになる。
…正しくは22組で、X/Yの2個の“性”染色体ではあるが…)

そして精子(染色体23本)と、卵(染色体23本)が出会うことで
受精して、元の染色体数46本に戻る=受精卵。

私の授業では、説明後、いくつか練習問題をさせた後に、
『ヒトの卵や精子には、何通りの染色体の組み合わせがあるか
(このとき乗換えは起こらないものとする)』を考えさせている。

答えを言ってしまうと、2の23乗 通り(8388608通り)ある。
相同染色体2本のうち、どちらか1本を選ぶということを
相同染色体23組分、行う(2を23回、かける)からだ。

あくまで理論上ではあるが、
つまり皆(人間一人ひとり)は、染色体800万通りから選ばれた卵と
800万通りから選ばれた精子が合体してできた、奇跡なんだと!
染色体の組み合わせが1個でも違ってたら
君とは違う人になっちゃうんだよ、と。
卵は1個だが、精子は(射精された)何億個の中の1個だから
“自分というヒト”ができる確率がとっても低いこと。
皆一人ひとりが生きている奇跡が伝われば、との思いで
この問題を授業の“味”に加えた。

…図を使わずに言葉だけで説明するのは難しいな…。

発生~子どもが体内で育つということ~

発生の単元では『受精』と、カエルやウニの受精卵が
どのようにして成体になっていくのかを生徒たちは学ぶ。
基本的にはカエルとウニの受精が分かれば良いが
私の授業ではヒトの受精も、授業の“味”に加えてみた。

ヒトの受精は保健体育でも学ぶものと思われる。
だから生物の授業では、生物らしく教える(笑)
ヒトの赤ちゃんは、胎内5週目頃から、
次世代の精子や卵をつくる準備が始まっている。
胎内5か月位で卵巣・精巣に卵原細胞や精原細胞が入る。

生まれてきたときには、すでに卵巣内に卵のもとになる
細胞(一次卵母細胞)がスタンバイ完了となっている。
思春期まではその細胞は休眠し、思春期になると
減数分裂を再開し、排卵が行われるようになる。

減数分裂(第2分裂)の途中で排卵された二次卵母細胞は
輸卵管で精子を待つ。受精が行われるのは子宮ではない!
とか、まぁいろいろ話すことはあるが、
併せて、ES細胞やiPS細胞の違いなども取り上げる。
最近の高校生はES細胞という言葉すら聞いたことがない
生徒が多かった。看護・医療系を目指している子でさえも。
ES細胞の話は長くなるので、今回は割愛するとして…。

私が高校生だったときもそうだが、
高校生はエコー写真を見たことがない子がほとんどである。
高校生の身近に、あまり妊婦が居ないのであろう。
せっかく受精や、胎内の話をしているのだから、
せっかくちょうどいいタイミングで妊娠しているのだから、
自分の今の、胎児のエコー写真を教材として使用することにした。

エコー写真はそのままだと意味が分からないので
ここが頭で、おしり、手足…このとき何㎝などの説明を書き加えた紙に
張り付けて「見たい子・興味がある子は見てみてね~」くらいの
軽い感じで授業中に全体に回してみた。

意外や意外、高校生の食いつきの良いこと!
「妹が生まれるときに、見たことあるよ~」という子や
「今度、自分のもあるか、お母さんに聞いてみる」という子もいた。
女子だけではなく、男子も意外と見ていた。
3㎝の小さな体でも、頭や手足が丸く見えるのは感動したようだ。

つい最近、病院に行って撮ったエコー写真(3D・4D)も
「見る?」と聞いたら「見た~い!」というので同じように回した。
4Dの立体的な赤ちゃんも不思議だったようだ。
もう少ししてお腹が大きくなってきたら、
胎動を触らせてあげたいと思う。

最後に

また来年度から産休・育休に入る。
やりたい野望もあるし、3年後にまだ教員を続けているかは
分からない。辞めている可能性が高い(笑)!!
でも、最後の教員生活になるならば、
生徒に何か『気持ち』を残せないかなと
思った時に、この教材を使いたいと思った。

高校生(17歳)だから、あと10年もしないうちに、
妊娠する子が出てくるかもしれない。
女子も男子も、自分が赤ちゃんだったとき愛されて育ったこと、
赤ちゃんが生まれる奇跡を覚えていてほしい。

…とは言っても、
期末テストが終われば、皆、忘れちゃうんだろうな~(笑)